子育て中のママを応援する
託児付複合施設
【お問い合わせ・ご予約】平日:9:00〜17:00 電話:070-5467-4885 メール:mamajiyu@gmail.com
神奈川県川崎市宮前区東有馬3-20-8

ママの自由時間

お教室詳細

スクラップブッキング

スクラップブッキング・イメージ

- 講師紹介 -

講師名:Masako M's Style アトリエ認定講師 浅妻 尚美/Naomi Asatsuma

テレビ局・広告代理店勤務を経て、結婚。
2008年に「写真ありき」のスクラップブッキング作品を手掛けるSB作家・勝呂正子氏と出会い、写真とクラフトが織りなす世界に魅せられ、本格的にデジタル一眼レフとスクラップブッキングを始める。
2009年秋には、大阪で開催された3日間にわたる本場アメリカのカリスマ講師陣7名による講習会、CKU-J(Creating Keepsakes University‐Japan)に参加し、2010年春にはデジタル一眼レフもCanon EOS 7Dへとランクアップ。
2012年夏には、「第1回スクラップブッキングまつりin横浜」で行われた12インチ作品コンテストで、メモリーパレット賞を受賞。
そして、2014年4月。東京ビッグサイトで開催された日本ホビーショーでの講師デビュー後は、ママの自由時間での講習会をはじめ、センター北・ヨツバコで開催された「第3回スクラップブッキングまつりin横浜」でワークショップを行うなど、横浜市青葉区を中心に活動の場を広げている。

【資格・受賞歴など】
*Masako M's Style アトリエ認定講師
*CKU-J 第3期生
*日本写真療法家協会ファシリテーター
*Canon EOS学園 ステップアップ講座Ⅱ(デジタル基礎コース)終了、その他、単発講座複数受講
*受賞歴…第1回スクラップブッキングまつりin横浜「12インチ作品コンテスト」(メモリーパレット賞)

- 生徒の皆さんへ -

私にとってスクラップブッキングとは、我が子の成長を形に残すことであるとともに、自分自身への癒しであり、家族への想いを伝える手段。子供の可愛さを引き立てるのはもちろん、大人である私がときめきを感じられ、インテリアの一部となりうるような作品作りを心掛けています。

…と言うと「スクラップブッキングって難しそう。センスや器用さが必要なのでは?」と思われる方も多いのですが。

そもそも、スクラップブッキングに「正解」というものはありません。 そして、主役は「写真」です。

このクラスの目的は、2つ。 まず1つ目は、実際のスクラップブッキングの楽しさや癒し効果を通して、写真やスクラップブッキングをもっと身近に感じてもらうこと。 そして2つ目は、一般に売られているスクラップブッキングのための道具や材料をどう使うのか、どういう表現方法やテクニックがあるのか、どのような作品にできるのか、ということを、キット作りを通して学んでいただき、ご自身の作品作りに繋げていただくことです。

作品は、スクラップブッキングの基本である12インチ作品(約30センチ四方)や、ミニブック形式が中心になります。
季節のイベントなども取り入れていきますので、最近撮った写真や、近々撮る写真を、すぐに作品にしていただけます。
定期的に通っていただければ定期的に写真を形に残していけますし、興味のある回のみ参加していただいても構いません。
時におしゃべりを楽しみながら、時に作業に没頭しながら、スクラップブッキングの世界に浸ってみませんか?

- Blog・HP -

blog:http://cclifenancy.blogspot.jp/
facebook:https://www.facebook.com/cclifenancy/


トップへ戻る